恵比寿ではたらくのノマドのブログ

menu

 

米系のファンドの一部には

未だにトランプ大統領による大胆な政策の登場で

株価がもう少し持つ可能性に期待する向きが存在するのも

事実です。

 

 

この場合、

具体的な減税策の詳細案が

この夏に明確に提示されるとともに、

ボルカールールの修正案も具体化されることで

米国の金融機関に2兆ドル程度の

有利な資金が流れ混むことになった場合には

この夏の相場調整が回避され中間選挙まで

何とか持たせられるという見方です。

 

 

果たして下落か上昇維持かどちらの見方が正しいのかは

現状では断定できない状況ではありますが、

相場の悪化を現す兆候のほうはかなり外堀が埋まりつつあり、

嫌な雰囲気になってきていることは確かです。

 

 

そもそも、

この月末から8月にかけては市場参加者が減ることから

閑散とした動きになることが予想されますので、

無理して市場に参加する必要もありませんが、

それでも多少は利益を出していきたいと思うのであれば、

あまり長い時間足で相場をみないで短い時間足の中で

どんどん利益確定していくといった割り切った方法をとることが

必要になりそうです。

 

 

 

 

とにかくチャートを見て明確に流れが感じられるところだけを

狙って手堅い売買をすることが重要で、

動かない場合にはあまり無理せず様子見をするのも

大切な時期に入ってきていると言えます。

 

関連記事

Profile

藤崎 暁光

Webマーケター。

1993年北海道生まれ。

2016年3月 東海大学文学部卒業。

インターネット広告・メディア運営・コンサルティング事業に携わっています。

公式LINE@

公式LINE@