恵比寿ではたらくのノマドのブログ

menu

オプション取引に向いている業者はどこなのか?(日本国内版)

 

日本でも大人気のバイナリーオプション

 

日本国内のバイナリーオプションでは、

ラダーオプションが主流です。

 

※ラダーオプションとは、

一定時間後の権利行使価格より為替レートが

上がっているか?

下がっているか?

先を予測する取引を言います。

 

日本でこの現象が起きているのは、

他のオプション取引が出来ない国内業者が増えたからだと

言われています。

 

今回は、

口座開設をする際に見るべき

”オプション”について、

お伝えしていきます。

 

オプションの種類が多い業者とは?

 

・みんなのバイナリー(トレイダーズ証券)

・外為オプション(GMOクリック証券)

・バイトレ(FXトレードフィナンシャル)

 

上記3社は、

日本国内のバイナリーオプション業者として、

特に有名ですよね。

 

『みんなのバイナリー』と『外為オプション』、

上記2社は、ラダーオプションのみの取り扱いとなっていますが、

『バイトレ』は、

レンジやタッチというオプションにも対応しています。

 

もちろん、

ラダーオプションもあります。

 

オプションを豊富なジャンルで楽しみたい方には、

『バイトレ』(FXトレードフィナンシャル)が、

適していますね。

 

バイトレラダー

『バイトレラダー』には、

レートが8種類もあります。

他と比べると、

圧倒的に種類が多いのが特徴的ですね。

複数のレートをまとめて購入すると、

大きな利益をもたらすことも可能です。

もちろん、

トレンド相場を読み解く力は求められますが。

バイトレタッチ

『バイトレタッチ』とは、

判定時刻まで待たずして、

目標レートにタッチしたら的中になるものです。

大きな変動がある際には、

あえてバイトレタッチを選択する人も多くいます。

あとは好みの問題ですね。

 

バイトレレンジ

『バイトレレンジ』には

INとOUTがあります。

INは判定時刻までに指定の範囲内に収まること、

OUTは指定の範囲外に飛び出すことを予測します。

もちろん、

INンは小動き相場、

OUTは乱高下相場と相性が良いです。

 

まとめ

さまざまな取引手法を楽しめるバイナリーオプション。

自分には何が向いているのか、

独自の手法を見つけることも重要ですが、

業者との相性も少なからずあります。

多くを試してみて、

本当に合うもので勝負することを強くオススメします。

 

ちなみに、

僕は日本国内の業者ではなく、、、

『ハイローオーストラリア』(オーストラリア)との相性が

抜群のようです✨

Profile

藤崎 暁光

Webマーケター。

1993年北海道生まれ。

2016年3月 東海大学文学部卒業。

インターネット広告・メディア運営・コンサルティング事業に携わっています。