恵比寿ではたらくのノマドのブログ

menu

短期・中期・長期…あなたにオススメのトレードスタイルとは?

 

今回は人それぞれに適したトレードスタイルを

ご案内していきます。

 

・不動産

・株式投資

・FX

・バイナリーオプション

・暗号通貨(ビットコインなど)

 

”投資”

 

と一口に言っても、

その種類は多岐に渡ります。

 

私自身、

これら全てを経験してきたからこそ

言えるものがあります。

 

それは、

その人に合ったもので投資すべし!

ということです。

 

先に挙げた投資案件の種類でも、

もちろん正解・不正解はありませんが、

その人に向いている・向いていないはあります。

 

その向き不向きを、

まずはしっかりと理解することが極めて重要。

 

そのためには、

まずやってみないと始まりませんから、

多くを経験することは重要ですね。

 

 

、、、。

 

 

投資の種類は

たくさんあるとお伝えしました。

 

その中でも、

さらに細かくトレードスタイルを分けることができます。

 

例えばFX。

 

人それぞれによって、

トレードスタイルは大きく異なります。

 

もちろん良い・悪いはないのですが、

特徴は確かにあるので、

3つのトレードスタイルをこれからご紹介していきます。

 

 

①スキャルビングトレード

 

これは短期トレードです。

1分・5分・10分ほどが目安です。

 

低リスク低リターンなのが特徴であり、

少額資金で始めたい方は、

ここから始めることが多いです。

 

メリットは、

たくさん回数をこなせるので、

投資の感覚が身につく。

つまりは初心者、もしくはアーリーステージのトレーダーには

練習や経験の意味も込めてオススメです。

 

一方のデメリットはと言いますと、

勝率が悪いことです。

 

これは一般論なので一概には言い切れませんが、

短期でトレードする方が勝率は低いのです。

 

たくさん回数をこなすということは、

それだけ勝つ人・負ける人の差が広がっていくことも意味しますね。

 

 

②デイトレード

 

これは中期トレードです。

1時間~3時間ほどが目安です。

 

メリットは、

スキャルピングトレードに比べて勝率が高いので、

利益を大きく得られることが挙げられます。

 

しかしその一方で、

売り買いするタイミングが少ないので、

相場を見れる環境が必要不可欠です。

 

※時間のある方には、

これはデメリットにはならないかもしれませんね。

 

 

③スイングトレード

 

これは長期トレードです。

4時間~1週間ほどが目安です。

 

同じFXでも

スキャルピングトレードとは大きく違いますね。

 

時間を用いるということは、

情勢の影響もより強くチャートに反映してきます。

 

ということは、前の記事でお伝えした

『ファンダメンタル』が重要になってきますね。

 

メリットは、

勝率が高いので利益が大きく得られること、

 

一方のデメリットは、

情報戦の要素もあるので、

情報弱者が勝ち続けるのは難しいということです。

 

 

、、、。

 

 

投資は、

人それぞれの条件の中で行うことと思います。

 

時間とお金、

向き不向き、

好き嫌い、

 

全ての要素を汲み取った上で、

自分には向いているものを見つけることを

強くオススメします(^ ^)

関連記事

Profile

藤崎 暁光

Webマーケター。

1993年北海道生まれ。

2016年3月 東海大学文学部卒業。

インターネット広告・メディア運営・コンサルティング事業に携わっています。