恵比寿ではたらくのノマドのブログ

menu

自分の信頼残高は”何円”ですか❓

 

2017年、僕は200万円の借金をしました。

 

 

その借金というのは、

僕自らが背負った”自己投資”によるものでした。

 

 

、、、

こう言うと、

『なぜ、そんなことをできたのか?』

といった声をよくいただきます。

 

 

シンプルに答えると、

そこには2つの理由があります。

 

 

一つは、飛躍したかったから。

そしてもう一つは、”自信があったから。”

 

 

、、、。

 

 

今回は、この『自信』について、

持論を踏まえてお伝えしていきます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

僕の好きな言葉で、『信頼残高』という言葉があります。

 

 

ビジネスマンならもちろんのこと、

何においても、この”信頼”はとても重要です。

 

 

ここでいう”信頼”の対象は一体何か?

考えたこと、ありますか❓

 

 

多くの人がイメージする”信頼”は、

その対象がヒトだったり、

モノだったりする訳ですが、

 

 

まずは『自分への信頼』が必要不可欠です。

いわゆる”自信”と言う奴ですね。

 

 

自分でいうのもナンですが、

僕にはこの信頼残高がたくさん貯まっていました。

 

 

これを自分で言うのはけっこう恥ずかしいし、

痛い奴だと思いますよ。笑

 

 

けど、『信頼残高』の本質を理解してもらうために続けます。

 

 

繰り返しますが、

僕には本当に自信があったんです。

 

 

どれくらい自信があったかというと、

、、、

ここで数値化するとわかりやすいものです。

 

 

具体的な数値は認識していませんが、

以下のような方程式が成り立つことは確かです。

 

 

” 自分への信頼残高 > 200万円の借入 ”

 

 

つまり、200万円以上の自信はあったということです。

 

 

高額な自己投資に臆することなく挑み、

積極的に自分自身を運用できたのは、

何を隠そう、自分への信頼のおかげです。

 

 

※当時はこんなことを全く考えなかったですが、

今振り返ってみると、これには納得ができます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

最後に、

”どうすれば自信を付けられるのか”

お伝えしたいところですが、

それについてはまた近々発信します。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

P.S.

数値化するとおもしろいものが見えてきます。

※決して借金をオススメしているワケではありませんので。笑

関連記事

Profile

藤崎 暁光

Webマーケター。

1993年北海道生まれ。

2016年3月 東海大学文学部卒業。

インターネット広告・メディア運営・コンサルティング事業に携わっています。

公式LINE@

公式LINE@