恵比寿ではたらくのノマドのブログ

menu

FXトレーダーが5%しか勝てないと言われる理由は?

FX一本で生計を立てている

一流トレーダーがいれば、

なかなか収支がプラスにならない

二流トレーダーもいます。

 

中には、

FXによって経済状況がマイナスになる

三流トレーダーもいます。。

 

”FXトレーダーは5%しか勝てない”

 

という事実を

どれだけの人が知っているのでしょうか❓

 

FXで大きな利益を生み出し、

それだけで豊かな暮らしをしている人がいる一方で、

95%の方々は損をしているという事実。

 

成功法則ばかりを追いかけるのではなく、

時には失敗法則にも目を向けることが重要です。

 

 

”勝ちに偶然の勝ちあり

負けに偶然の負けなし”

 

 

、、、。

 

これは、

野村克也氏がよく言っていた言葉です。

 

今回は95%のFXトレーダーが勝てない理由について、

お伝えしていきます。

 

 

1、お財布事情を考えて

大きく勝ち越そうとするあまり、

自分に見合わないような

大金をかけてしまう方がけっこういます。

 

確かにそれで勝てば大儲け。

しかし、負けてしまうとそれ相応の大負けです。

 

この考え方こそが、

いわゆる”ハイリスクハイリターン”

と言えるでしょう。

 

お財布にも悪ければ、

心臓にも悪いのでオススメしません。

 

『想定内』という言葉が

一昔前に流行りましたが、

”最悪の最悪”を考えて投資をすることを心がけましょう。

 

 

2、ギャンブルではくて投資

FXをギャンブルだと考える四流トレーダーが、

中にはいます。

この考えの何がいけないかというと。。。

 

投資をギャンブルだと思うということは、

ギャンブルっぽい投資をしてしまう傾向がある、

ということです。

 

ギャンブルを否定するつもりは一切ありませんが、

FXやバイナリーオプションは理にかなったものであり、

ギャンブルではなくて投資です。

 

投資の『投』の字が

そう連想させてしまうのかもしれませんね。

 

 

3、無理は禁物

これも、

2、ギャンブルではくて投資』に

通ずるものがありますが、

 

大きく得をしようと思うあまり、

無理な投資をして一気にゼロになってしまう方が

たくさんいます。

 

バイナリーオプションにおいては、

逆バリを狙う際によく起こりがちですね。

 

『次こそは』、『次こそは』、、、、。

 

投資額がどんどん増えて、

ひたすら損をしてしまうケース、、

体験された方もいると思います。

 

ここでも常に”最悪の最悪”を想定した上で、

投資をされることを強くオススメします。

 

3、損切りも必要

損をしている時、

この時に人間性がよく出ると言われますが、

皆さんはどうでしょう・・・?

 

勝つことも重要ですが、

それ以上に負けないことの方がもっと重要だということを

肝に命じてトレードをしてください。

 

 

5、負けた理由を振り返らない

仮に負けたとしても、

次のことまで考えられるトレーダーはうまくいきます。

 

『PDCA』という言葉がありますよね。

 

Plan

Do

Check

Act

 

この中の『Check』、

つまり徹底的に分析をすることで、

過去の失敗が未来の勝利に繋がります。

 

ここを通り越して次に進んでしまう方が多くいますので、

『Check』はとことん行ってください。

 

『勝つこと』と

『勝ち続けること』は全くの別物。

 

ビギナーズラックや何かの運によって、

たまたま勝てることも多くありますが、

それを継続できる人はほんのごくわずかです。

 

優秀なトレーダーとは、

確かな実力を持って勝ち続けている方を言います。

 

ここでいう

”確かな実力”を身につけることによって、

『勝ち続けること』を実現できます。

 

目先の利益に目をくらまされることなく、

長期的な目線を持って

トレーダーとして飛躍してほしいものです。

 

そうすれば、

上位5%の一流トレーダーになれるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

勝てないトレーダーには、

以上の特徴などがあります。

 

そして、ここで挙げた内容は、

主にマインド(考え方)によるものでしたよね。

 

ノウハウやスキルを身につけること以上に、

勝てるトレーダーマインドを持てば最強だということです!

関連記事

Profile

藤崎 暁光

Webマーケター。

1993年北海道生まれ。

2016年3月 東海大学文学部卒業。

インターネット広告・メディア運営・コンサルティング事業に携わっています。

公式LINE@

公式LINE@